土日や祝日は仕事。子どもの預け先や小学校へ入った後の心配事はどうする?

スポンサーリンク

こんにちは、にじうおです

土日や祝日
ゴールデンウィークや盆・正月は大忙し。

そんな、
世間では少数派の土日共働き夫婦は

子どもの預け先や
子どもとの関わりなどについてを考えるエネルギーといえば、結構なカロリーなはずです。


うちの一人息子は、
1才から6才まで保育園でとってもお世話になりました。



ママ友の周りには、
私たち夫婦のように土日祝日に勤務をする
子育て家庭は

とっても少なかったです。

私たちサービス業夫婦ならではの
こんな↓気持ちは、土日に休む一般的な家庭では知るよしもないのではないでしょうか^^

  • 子どもの預け先を考えることに毎週エネルギーを使う
  • 小学校に入学したら平日に過ごせなくなるのでは?という不安

ここでは、
我が家の実体験を交えながら、
土日に働く家庭の工夫や心配事についてをお話しします。

子どもが小学校へ入るタイミングで
私は「自宅で稼ぐ在宅ママ」となり、
夫は「日曜に休める仕事へ転職」しました。

詳細は後半に書いているので気になる方はどうぞ最後まで読んでみてください^^

ちなみに…
私はいま「自宅で稼ぐ在宅ママ」ですが、どうやって稼いでいるのか?
という点などは下の記事書いています
参考記事→自宅で3万円稼ぐってどうやってるの?一人っ子ママの私にもできたブログの仕事をご紹介します

土日・祝日に子どもをどこに預ければいい?

土曜保育

土曜日も預かってくれる保育所を事前にチェックできるといいですね。

なぜなら、
いろんな場所に預けるより、
なるべく一箇所で顔や場所に馴染みのある場所で過ごす方が子どもにもストレスがかかりにくいからです。

うちの近所の数箇所の保育園は、
それぞれ土曜日の運営が異なっていたため、きちんと調べておいて正解でした。

ただ
土曜日は登園する子どもが極端に少ないです。おもちゃや先生を独占できるので喜んでいましたけどね。

日曜・祝日保育

日曜日に預かってくれる保育所が近所にあると、いいですね。

ただ、
日曜の保育園って「あんまり無い」のが現状のようです。。

私たちの地域では
自治体から認定を受けることで、
日曜・祝日に利用できる保育所がありました。


平日に利用する保育園とは別の保育園に日曜日だけ行くというかたちでした。

実は
利用を始めて、3回で辞めてしまったんです。。


理由は、ほとんど一人ぼっちで過ごしていたからなんです。


1才の我が子に、
ひとりで知らない場所で
知らない大人と
1日過ごさせて

「ごめん!」と思ってしまったんですよ。


そこで
私は他に日曜祝日に仕事に出るためのやりくりする工夫をこんな風に考えたのでした。

  • 夫婦のどちらかが日曜日に家にいるよう交代で休みをとらせてもらう
  • 休めない日曜祝日は祖父母を頼る

特に、お正月の勤務は
祖父母を頼るしかなかったですね。

祖父母に預ける

祖父母や兄弟など、頼れる家族にお願いするパターンも多いようです。


うちの場合は
行き来できる距離なのに祖父母には頼るに頼れない理由がありました。

その理由は、祖父母も土日祝日に仕事をしていたからです。


ただ、
私たち夫婦と違って会社員ではなく自営で飲食店を営んでいたため、
厨房の奥にベビーカーを置いて子どもを置いといてもらいました。


月に1度か2度そんな風に小さい我が子を預けていました。

今となってはいい思い出ですが
当時は
ここまでして会社のために働かないとあかんのかな?と、

もう、疑問でしかありませんでしたね。


さて、

ここまで
土日の預け場所についてお話ししてきましたが、

パパやママが土日に仕事なんて子供がかわいそうという意見もあります。


本当に、かわいそうでしょうか?

家族で過ごせない?子どもとの時間どうする?

家族で過ごす時間は、ちゃんとあります^^

日曜日に仕事だからと言って、コミュニケーション不足だと決めるのは間違いですね。

なぜなら、
世間が働いているド平日に
たっぷりと家族の時間をエンジョイしている
からです。

この記事を書いている私自身が、
土日に仕事をする両親の元に生まれた子供でした。

あとで聞いた話ですが、
母は
「日曜日に家族で遊べなくてかわいそうだ」
と思っていたそうです。


私はびっくりしました。


理由は、
悲しかったり寂しかったりした覚えが
1ミリもなかったから
です。


子供の頃のことをいま思い返しても、
確かに日曜日は
家でじーっと留守番をするだけだったけど

水曜日になると家族でしょっちゅう
お出かけしてくれていました。

思い出がたっくさん、あります。

ただ、
自分が親になって、
母の気持ちがわかりましたね。

ある日曜日の朝、

4才の息子に
「今日はボクはパパかママかどっちと休み?」と聞かれたんです。

心臓がキュッとなりましたね…。

一般的には家族で過ごす日曜日なのに、
わが子にとって日曜日は
【どっちかと過ごす日】でしかなかったんですよね。

私

今度の木曜日はパパもママも休みだから3人で〇〇へ遊びに行こうね

確かに
日曜日やゴールデンウィークなどは楽しくないですが、

平日の休みを利用して、家族で楽しく過ごしていました。


もしかしたら、
一般的な土日が休日の家庭よりも
【家族の時間を目一杯楽しんで過ごそう】という思いが強い
かもしれませんね。


それに、
旅行だってなんだって、
平日が空いているしコストも安いしいいこともたくさんですよね^^

さて、

しかしながら…です。


子供が小学生になったらこれまでのように平日に一緒に過ごせなくなるのでは?』

とか

子供もだんだん物心がつくのに、お正月さえも人に預けて仕事に出るなんて…』

とか、

だんだんと悲しさがこみ上げませんか?

とってもよくわかります。。

私たち夫婦もそう悩んでいました。


では、
他の土日共働き家庭は、どうしているのでしょう?

次に、
子供が小学生になるとどんな暮らしのリズムになるのかという点もお話ししていきます。

子供が小学生になってから仕事はどうする?

これまでのように保育園を休んで平日にゆっくり…とは、いかなくなります。

家族で過ごす時間は減る」と言い切っても過言ではないかもしれません。

それでも、
土日祝日に仕事をする共働き家庭は比較的少ないながらも、日本中におられます。

みんなどうしてる?

勤め先の同僚の話を聞きました。
うちと同じく、
土日祝に仕事する子育て夫婦たちの声です。
みんなどうしてるのでしょうか?

30代後輩社員A
30代後輩社員A

去年、妻が土日に休める仕事へ転職したんです。
自分も日曜休む仕事に変えたいんですがそれはなかなか難しいし、
とりあえず日曜祝日は
妻が家にいてくれるので助かってます。

40代先輩社員B
40代先輩社員B

うちは実家が遠くて頼れないから
夫も私も職場には事情を話して
日曜日に多めに休ませてもらってるの。
職場には気まずさもあるけど、
家族の方が大事だから割り切っている。

40代先輩社員C
40代先輩社員C

うちの夫婦は日曜祝日は当然仕事で子供は5年と2年。留守番もできるようになってきた。家族との時間はたまの土曜日に出かけたり夏休みには旅行したりしてるよ。

30代後輩社員D
30代後輩社員D

子供が小学生になってから一緒に過ごす時間が減って、
本当に寂しい。
じつは、退職することも考えてます。

職場の人の理解を得ることや、
夫婦同士でどうにか調整したり
皆さん、工夫をしていました。

ただ、やはり
「退職」や「転職」を考えるきっかけにはなっているようです。

専業主婦しながら稼ぐ方法もある

子どもが小学校へ入学するタイミングで
自分の仕事をどうしようかと考えた結果、

私が選んだのは、

「在宅ママ」になることでした。


「在宅ママ」は文字通り、
ほぼ専業主婦ですが、収入がないと暮らしていけないので

家にいながら仕事をしています。

なぜ「在宅ママ」になることを選んだのかというと、理由はこうです。

  • 今しかない子育て時期
    あとで後悔したくないなと思いました。
    1〜6才まで保育所に預けてきたけど、これからは子どもの成長をしっかり見ていたかったんです。
  • 働きに出るとまた家の中で愚痴が出てしまいそうだからです。
    いつもニコニコしたママでいたいんです。
  • 決め手は、自宅にいながら稼ぐ方法を見つけたことでした

じっさい、
在宅ママになってみると、
やっぱり
入学のタイミングで退職しててよかったと思うことが本当に多かったです。

入学前に退職してよかった体験談も下の記事に書いていますのでよかったらどうぞ
参考記事→一人っ子の子育て共働きor専業主婦?選べるならどっちがいい?


また、
私自身も、「外に勤めに出ている方が社会性があって良いはず」と思っていましたが

じっさい退職して在宅ママになってみると

今まで見えていなかったことがたくさん見えてきたんです。

つまり、自分の思い込みで視野が狭くなっていたことに気がつくことができましたよ。

まとめ

土日や祝日に仕事をする共働きの家庭で生まれた私自身が
土日や祝日に仕事をする共働き家庭として子育てをしてきました。

サービス業なので
同僚の中にも似た家庭があり、みんなそれぞれで工夫して子育てされていましたね。

いま我が家は
日曜日や祝日は家族で過ごしています。

私の場合は
退職して自宅で稼ぐ在宅ママとなりました。

夫も、日曜日休みの仕事へ再就職しました。

小1の息子はもう
「今日は誰と休みするの?」と
毎週日曜日の朝に聞いてくることはなくなりました。

退職していなかったら、当たり前ではなかったことが

小学校へ入ると変化する
子供のグンと成長するさまを
見逃さずに子育てできる、今の環境がとってもありがたいです^^

「自宅で稼ぐ在宅ママ」って何をやっている?という点などを下の記事に書いています。
参考記事→自宅で月3万円を稼ぐってどうやってるの?一人っ子ママにもできたブログの仕事をぶっちゃけます
タイトルとURLをコピーしました