小学一年生になる一人っ子息子の「協調性」を育てる方法

スポンサーリンク

一人っ子の息子が小学生になり最近やっと通学路をひとりで歩くことができるようになってきました。

こんにちは、にじうおです。

うちの子もいよいよ小学生になる。
きょうだいがいない分、もっと協調性を育ててやりたいと思う親御さんもおられるのではないでしょうか。
私もそのうちの1人です^^

一人っ子が当たり前な時代だとは言いながら、とはいえ我が家の周りでは少数派です。
多数派では考えもつかなかった悩みや考え方が少数派の中では生まれるものだと思いませんか?

子育ては十人十色であり正解も不正解もないという持論を持つ私が
自分だけの凝り固まった考えを柔らかくするためにあらゆる子育て本を読んできました。
経験に勝るものはないと信じ切っていたのですが、素直に学んでみることで意外と得られたこともあったのです。それは

たった2つのブレない軸のようなもの
親が幸せであること
否定でなく肯定
この一見、単純で簡単そうな気付きに深さがあったことを日々実感しています。
 

ここでは、そんな観点と私の経験から
小学生になる一人っ子の我が子に協調性を育てる方法をご紹介したいと思います。
最後まで読んでいただきお子さんとの関わりの中へ落とし込みをしてくださると
それはきっとあなたの悔いの残らない子育てと、将来のお子さんの喜びに変わるはずです。

親が教えるべき「協調性」の正体とは?

「協調性がない」ということにどのようなイメージを持たれていますか?

  • 自己中心な言動
  • 譲り合いなど相手を思いやる心が乏しい
  • 超マイペース
  • 仲間に入ることができない
  • 人見知りや場所見知りが激しい

こんな感じなことが思いつくのではないでしょうか。
では実際に協調性とはどのような意味を持つのでしょう?答えはこうです

互いに協力し合うこと。特に、性格・考え方の異なったもの同士が互いに譲り合って調和していこうとすること

参照元:goo国語辞書 https://dictionary.goo.ne.jp

協調性の正しい意味を知った時、ハッとしました。
いくら、のんびりでマイペースな性格でも
人見知りや場所見知りが激しい性格でも協調性がないこととは全然関係ないと思いませんか?



つまり、親が心配して変えてあげようとしていた我が子の性格は、消してはいけない大切な個性なのではないでしょうか

私たち親が子どもに教えるべき「協調性」とは

集団行動ができるための
・その場の状況を判断する力
・自分を大切にすること
・相手を思いやる心

集団行動の中で思いやりを持ち折り合いをつけながら前へ進めていくことができる力を我が子にも養ってもらいたいと願いうばかりですよね。

協調性(=集団行動ができる力)を身につける方法

ではきょうだいのいない子どもに学校以外で協調性(=集団行動ができる力)を身につける方法をご紹介したいと思います。

  • 習い事をさせる
  • 地域のコミュニティに参加する
  • 家事手伝いをさせる

習い事をさせる

水泳・空手・サッカー・絵画・ピアノ・英会話・プログラミング…最近ではオンラインで学べる仕組みもありますね。一言に習い事といっても情報が溢れています。
習い事は子どもが学校と家以外の社会を学ぶには絶好の場所で、得意なことを伸ばしたり刺激をもらうことができてメリットが多いですよね。

住まい環境・子ども自身の興味・経済的観点など色々と考えるべき点がありデメリットも浮かんできます。ぜひ暮らしにあった習い事を見つけて欲しいと思います。我が家では外へ習いにいくことでなく自宅で通信教育をすることにしました!

地域のコミュニティに参加する

子育て中の親や子供が交流する場が地域で設けられています。
赤ちゃんのサークルだったり様々ですからお住いにどのようなコミュニティがあるのかのぞいてみてくださいね。
検索方法は 「〇〇市 子育て コミュニティ」 で見つかると思います。

いちど子どもを連れて遊びにいったことがあります。
息子は人見知りを炸裂しながらも興味がないわけでもなさそうでしたが「楽しい」とまでは言わず、母であるわたしが人見知りを隠して頑張ったので疲れてしまい長続きしませんでした^^;

家事手伝いをさせる

家事を担当してもらうことは、家庭内での役割をお願いしたことになり
ある種の責任感が育まれるそうです。

  • トイレが毎日綺麗でないと家族みんながトイレを使えない
  • お米を研がないと家族みんなが美味しいご飯が食べられない
  • 洗濯物を片付けないと明日着る服が選べない

このように、あなたがこれをやってくれるおかげで家族が助かるという流れを作った上でお手伝いをやってもらうのがいいですね。うちもこれ取り組んでいます。なかなか毎日とは行きません‥3〜4日に1回くらいのペースでやってくれています。

気をつけるべき点

お子さんの性格によって当然ながら合うこと合わないことがあります。
家庭でお母さんお父さんがハッピーでないと子もハッピーではない。
そんな観点からも
親が子に求める→思うようにいかない→イライラする→子もイライラする→楽しくない
このような負のサイクルにならないように
個性を否定せずにできることだけを精一杯やる親でいることが大切かなというところです。

求めずに肯定。

我が家での策をご紹介

私個人の気持ちとしては「小学校でたっぷり学べ」です。

ちなみにうちの一人息子がどんな性格かというと、
・同じマンションで会う人にも恥ずかしくて挨拶ができない
・友達や先生にちょこっと注意されたらこの世の終わりのように凹む
・転んだ時のすり傷はまるで大骨折
・家では超のんびりわがまま、学校ではサクサク動く
・家での遊び相手はママ
・外で走ることも家で絵を書くことも同じくらい好き
同じようなお子さんをお持ちのお母さんお父さんと分かち合いたいものです><


ただやはり、家庭でのきょうだい同士のやりとりには一歩も二歩も先を行く経験をしていることと思います。
「ひとりで全部食べたいのに妹も食べたいと言ってきた」
「みたいテレビ番組があるのにお兄ちゃんが別のを見ている」
「ゲームで遊びたいのに弟が先に遊んでいて出来ない」
このような子供達にとっての日常のトラブルが折り合いをつける力を育てるはずです。

だからこそ人の集まるところへ行ってふれあいをさせればいいと考え、何か習い事をさせてあげようと試みましたが全部「イヤ」とのことでした。イヤなら仕方ない‥。

外へ出て習い事!水泳を習わせたい!と考えていた私ですが息子は全力でそれを拒否しました。やり始めたのは自宅でやる通信教育。
‥ところが思ってた以上におもしろい変化を招くことになりました。→一人っ子の小学一年生はじめての習い事は通信教育がおすすめな理由


我が家で今、この子のためにいいと思って意識的にやっている策は

  • 放課後、学童保育を利用している
  • ママの職場へ連れて行って顔を見せる(在職中のこと)
  • 子供がいる友達もいない友達も一緒に遊ぶ機会を増やす
  • 水泳教室の前を通り興味が沸くのを待っている
  • お米を研いでもらう

「習い事はイヤだ」という意思を持っているのだからそれを否定ぜず可能性だけ閉ざすことなく待っていればいいのかなと思う今日この頃です。

あ、お米とぎはだんだん上手になってきました。

〇〇ちゃんがお米とぎをしてくれたから今日もご飯が食べれて美味しいね!

まるでたまにお米を仕掛けてくれた旦那にあえて言うようなセリフで笑えます^^

まとめ

協調性とは

  • 人と揉めないキャラ
  • 誰とでもすぐ仲良くなれるキャラ

という意味ではなく、こうでした。

集団行動ができるための
・その場の状況を判断できる力
・自分を大切にすること
・相手を思いやりう心

小学校で協調性を学び身につきますが

  • 習い事
  • 地域のコミュニティ
  • 家事手伝い

このようなことでより協調性を育むことができます

子どもは、特に一人っ子は親の鏡ですので親が幸せに暮らしていくことが大切。
だからお母さんもお父さんも笑顔でいたいですね^^

タイトルとURLをコピーしました