おかずあと一品

ボリューム足らないかな。もう一品・・

タンパク質だらけな気がする。ヘルシーな野菜でもう一品・・

こんなことありませんか?私しょっちゅうあります。なぜなら、計画性がないからです。そのまんまですが。要はおもいつきで晩ご飯作っています。

勤務が終わってからの帰路は、冷蔵庫の中や乾物の在庫を思い出してどうしようかをずっと、考えます。どーしても材料が足らないときだけスーパーに行きます。スーパーに行けば行くほど余計なお買い物をしてしまうからね。材料の買い込みは休日にやっておくのがわたしのやり方。

ご飯・味噌汁・おかず・副おかず①・副おかず②

この「副おかず②」が厄介。しかもうちの旦那はんはご飯と味噌汁は最後のシメだと思っており、おかずたちにある程度ボリュームがないと悲しそうな顔をする。

旦那はんのそんな顔はなるべく見たくないのであります。そんなわたしがある日見つけた便利アイテム。これが副おかず②の解決に役立っているので紹介したいのです!

ののじ キャベツピーラー ライト

いままで持ってたやつは、キャベツをスライサーにあててスリスリ千切りをつくるので腕が疲れるやら野菜の水分がつくやらで結局包丁で千切りしたりしてました。このピーラーは、キャベツを削ぎ落とす感じで力も要らないし腕も疲れないし均等にアッサリとスライスできるのでいい感じなんです。

そのまま千切りキャベツとして食べられるし、ちょいと味付けしてコールスローややみつききゃべつにして「副おかず②」として活躍しています。

大きくなくてジャマにならないし一個持っておきたいキャベツピーラー はこちら

ののじ スージー&みじん

これ両面に歯がついていて、片方は筋切りができる歯。もう片方はスライスする歯。両方を使いこなすことで野菜のみじん切りやヌードルカットもできてしまうのです。

れいの如く「副おかず②」で悩んでいたわたしは冷蔵庫に板こんにゃくを見つける。“そうだ、筋切りピーラーを使えば時短でおいしくできるかも!”とひらめき作ったのが、なんの変哲もない蒟蒻の甘辛煮。いままで作った中で一番時短でおいしくでき旦那はんも「また作って」とリクエストするほど。

板こんにゃくの甘辛煮 所要時間5〜10分

スージー&みじんを使って板こんにゃくに縦と横方向に筋を入れる。熱湯をかける。片手鍋にごま油を熱し三角に切ったこんにゃくを投入。水分の泡ぶくが収まった頃に、砂糖2杯・酒ひと回し・醤油チョロンと加えて炒め煮る。完成。

人参や大根も筋切りしてからしスライス歯で切り落とせば細い千切りもできる。筋切りを斜め講師にしてからスライスすればみじん切りだって簡単。先に紹介したキャベツとの相性も抜群なのです。

ナスの筋切りにも役立つみたいです。焼くだけ田楽とかちょうどいい副おかず②っぽいです。今度やってみよう。

包丁で切るの面倒なのでこれめちゃ便利。ネーミングも可愛い「スージー&みじん」はこちら


      

コメント

タイトルとURLをコピーしました