【おすすめ】七五三の羽織袴のレンタル申し込みはネットで簡単!

スポンサーリンク

一生に一度のことだけどなるべくコストかけずにやりたいしどうしよかなと考えるお母さんに少し参考程度になればと思って書きます。スーパーで七五三の衣装を販売していた経験もあります。そんな私がどんな七五三をやったか説明しておきたいと思います。我が家は衣装代5800円でした。

日時を決める

風習として11月半ばの日曜日が七五三参りだとのことですが、10月下旬から12月上旬まで参拝されるようです。気候も良いため11月は大変多く、大きな神社では祈祷を賜るのも混雑します。

混雑を避けるなら平日が良いです。土日しか行けない場合は11月初旬までか12月初旬ごろを狙うといいでしょう。

離れて住んでいるおじいさんおばあさんも一緒にお参りする場合、日程の調整が必要な場合もあるのでなるべくはやく相談して日を決めてしまいましょう。

日が決まれば、それまでに必要な準備ができますね。

衣装を決める

和装の良いところ

和装とはつまり羽織袴。肌襦袢から一式きちんと着る物もあれば仕上がりの見立ては同じでもマジックテープがついていたりサイズ調整ができるようになっていたりと工夫されてるものもあります。子供はよく動くので着物がはだけてくる心配や、居心地が悪くてぐずったりされる心配などママとしては洋装と比べて面倒に思う一面があります。

羽織袴を着せると、後から見る写真はとても映えますよね。また、日本の文化ならではの着物に袖を通し、伝統を繋いでいくことに参加していると実感できるのもいい経験です。我が家の坊やの七五三実録をこの記事の最後に書きたいと思います。

レンタルの良いところ

洋装でも和装でも知人のお下がりでいただけるならコストがかからず、いいですよね。お菓子などを用意してお礼の気持ちを伝えるくらいの配慮が必要な場合もあるかもしれません。

普段着ではないので、買うとなると一度使えばずっと片付けておかないといけません。自宅にひろーいクローゼットがあってゆったーりと収納できるようなお家なら問題ないでしょうが、我が家のような家では大事において置くスペースの確保が難しい。さらには次に使うときまで湿気や虫食いに負けないような管理が面倒。なので私には買うという選択はなかったのです。

しかし、思い出の着衣を子供のために大事に保管し、特に和装においては、孫の世代までと考えることのできる人にとっては絶対メリットです。

さて。レンタルについてですが、

様々なレンタル業者があります。それぞれを細かく調べて比較して選ぶ作業って疲れませんか?私には仕事も家事もしてるのに、なかなかの重労働・・と思ってしまいました。そこで絞り込み作戦。『普段から利用している楽天市場でクチコミを読んで決める』ことにしました。

「色や柄は選ぶことができないけれどきちんとした着物で難なく済んで良かった」といったようなクチコミに惹かれて決めたレンタル屋さん。必要なもの一式揃って5800円で2泊3日クリーニング不要。「これでいいわ!」とわりと即決で衣装を手配しました。似合わない色が届いたらどうしようなどと考えないこともなかったですが、そもそも和装は普段着とは全く違うものですから似合うも似合わないもないかなと思いました。それで内容はどうだったか?を、最後に実録をまとめて書きます。

写真館を利用するか決める

写真館で記念写真を残したいと思っている場合は、衣装を手配する前に写真館を決めてください。そのスタジオで衣装を貸してくれる場合があるからです。レンタル別料金などそのスタジオによって料金コースがあるでしょうから下調べが必要です。

お参りする神社のそばに写真館があったりもします。手配した衣装を着てお参りがてらに撮影するのも一つですよね。

写真は自前で撮るだけでも十分ですが、やはりプロの手で1枚残しておくのも良いことだと思います。成長の過程の1ページです。また最近は出張カメラマンがで参拝の様子など自然な姿を撮ってくれるタイプも人気のようです。スタジオでのかしこまった写真も良いけど、こちらはとても自然な仕草や笑顔を撮ってくれて楽しそうな写真が残せます。神社によっては外部のカメラマンは禁止しているところもあるようなので注意です。

我が家の七五三。

私が販売員の頃は圧倒的に和装より洋装の方が売れていました。和装を着たい人はレンタルが多いということではないかと思います。私は一人息子に神社での七五三参りは羽織袴でさせてやりたいと以前より思っていたので和装を選びました。

買っても使った後の管理が面倒なのです。だから、チャッと借りてチャッと返せる手軽で安くて、質の悪くない着物を貸してくれるところを探すわけですが 世の中のレンタル業者を調べ尽くすのも大変。そこで普段から利用している楽天市場のクチコミ重視で探し選びました。2泊3日クリーニング不要でフルセット5800円でした。8月に申し込みましたが実際11月に入ると仕事で七五三を予定していた日の都合が悪くなり、急遽メールで日程変更をお願いしましたが快く受けてくださり助かりました。

着付けについては、YouTubeにも着せ方がアップされているのでなんとかなるかなと思っていました。実際、「YouTubeを見て着せましたよー」という方も結構おられたので。

記念写真については、自前で撮るつもりでいましたが、写真館での1枚を残しておきたいと急に思いついてしまいました。参拝する神社の近所の写真館に予約の電話をしたところ衣装も無料で借りれて着せてくれるとわかりました。「しまったーー先に衣装を手配してしまったー泣」となったわけです。

写真館に行ってみると、たくさんの種類の和装が並んでいました。数年に一度七五三用の着物を京都で買い付けるそうで目が肥えていらっしゃる様子。私が他所で借りて持ち込んだ着物も良いものだと教えてくれました。そこの写真館に全く同じ羽織袴が並んでいたのです。無料で借りれたところわざわざ持ち込んだのですから、私としてはショックなわけですが、やはり慣れた方に着せつけていただけて良かったなと思います。それと、わりとすぐにネットでレンタルを決めたわりには良い品物を安く借りれたとわかったのでこれからの人に教えてあげたいと思ったのです。

参拝の後も着たまま自宅まで帰れたので小さなことですがこれも自前でレンタルしたからこその楽しみ方でもありました。お参りが11月下旬で小雨がぱらつき少々寒い日でした。着物の下にヒートテックは着ていましたがもっと暖かなキルト肌着やパッチなどを履かせてやればよかったかもなと反省しました。

かかったお金は、楽天でレンタル5800円・写真四つ切り2枚とデータで20000円。急に思い立ったことで少々失敗もしましたがレンタル料が安買ったので許容範囲内かなと思います。

最後に、一つ思うことは、着物がはだけて乱れる等あまり困ったことが起きなかったこと。今回5歳4ヶ月での参拝でしたが4歳で同じことができたかなと思うとやはり落ち着きがあったと思います。かぞえ5歳で参拝するこだわりがないのであればぜひ1年待ってみるのも良いとお伝えしたいです。

当日の服装について、夫は仕事で着るスーツ。私は3000円くらいのセットアップ。周りには着物でキメてるお母さんも多少はおられとても華やかでした。でも子供が主役なので大人が洋装でも全然おかしくないです。低コストで大丈夫!

今年七五三参りをされるか考えるお母さんの役に立てればと思います。


タイトルとURLをコピーしました