育児。私だけの経験。私だけの正解。

スポンサーリンク

育児には悩みがつきものですよね。特にベビー時代についてはしんどいことが多いしね。

今息子は5才。

大変だった赤ちゃん育児は終わった。2度とゴメンだと思っていた二人目を欲しいとさえも思う。。

こんな風に感じる今、赤ちゃん育児真っ最中だった頃の自分へ言いたいことがたった2つ。

  • 育児はみんな「違う」
  • しんどいのは永遠に続かない

この2つを記事に残していきたいと思います。

育児はみんな違う

「ミルク飲ませてたら便秘になるよー」と先輩ママに言われました。確かにネットでもそのような情報を見たことがあるし、実際息子がウンチが出てなくて自分のせいかななんて思ってたところ。

私

やっぱりミルクは母乳より良くないんやぁ・・・

ちなみに、うちの息子の便秘の対処については

・お尻に綿棒を挿入した刺激で便を出す

・子供用の浣腸薬を使って便を出す

この二つで大丈夫でした。一度も病院へ連れて行くことはなかったです。ネット検索してたどり着いた方法でした。

考えて見てください。

完全母乳で育った子供は便秘しないんですか?小学生になっても一度も便秘しないの?

んなわけない。

便秘して病院に行ったっていい。対処法を検索して試して見てもいい。

先輩ママや親から教えてもらう育児アドバイスは、経験談として参考に聞くだけでいいのであって、自分に置き換える必要は1ミリもない。

先述した「ミルクは便秘」のように、医師など特別な知識のない人が「〇〇はこうよ」と決めて話す場合、それは参考にしない。

人の経験で生まれた話は、その人の経験と学習から生まれたその人にとっての正解でしかない!

と5年前にタイムスリップして自分に言ってやりたい(笑)

しんどいのは永遠に続かない

つわりで毎日寝てるだけの日々は「いつ終わるんや・・」と

3時間おきの夜泣きの時は「また夜が来る・・」と、次から次へと辛いことが続きました。

よく「今だけやん」と言われたり、ネットにもそう書いてあったりしましたが

「今だけ」の意味がわからなくてイヤになったもんです。

意味がわからなかった理由が今はわかります。

「初めてのこと」だから。

気づいたら辛い時期を乗り越えて子供が成長していく。成長を生きがいに日々を暮らしている。

こんな幸せな日々は子を持つ前にはわからないことでした。

そんな私が5年前の自分に言いたいことは、

私

それ辛いの今だけ!終わりが来る!

もう一度あんなしんどいことをするのはイヤだと思うのも事実ですが、乗り越えればどんなに幸せでそのために頑張ろうと思えるのも事実です。

まとめ

1回経験したからこそ言える、この記事もまた、私だけの経験談で、私だけの正解なのです。

タイトルとURLをコピーしました